水漏れの原因と修理

水漏れの原因と修理 家庭内には、水回りに関する設備がいろいろとあります。台所から始まり、お風呂場やトイレ、洗濯機もあるでしょう。どれもが生活に欠かせないものであり、使えなくなるだけで生活が大きく変わってしまいます。
生活に欠かせないのが水回りではありますが、水漏れを起こすことも出てくることがあり、問題です。水はほんの小さな隙間でも流れ出てきてしまうため、問題を容易に判断できないこともあります。老朽化していくことによっても傷みが発生し、水漏れにつながることもあるでしょう。そのままにしておくと、問題はどんどんと大きくなることから修理を考えていく必要があります。

■水漏れを起こすパターン

水漏れは非常に厄介なトラブルです。水道代にも直結していきますし、他の家に影響を与えるといったことも出てきます。素早く原因を特定して適切な修理をする必要がありますが、必ず原因が隠れています。
水漏れを起こしてしまう原因には、いくつかのパターンに分けることができるでしょう。原因を把握して修理方法も推測していくことになりますが、もっとも大きなものは老朽化や経年劣化です。水道金具などは、必ず劣化していきます。耐用年数を見てみると7年から10年といったところでしょう。もちろん、10以上使っても壊れないことも出てきますが、異常がみられるようになってきたのであれば、寿命を疑ってかかる必要があります。
寿命だけではなく、メーカーが部品を生産しているかどうかも重要になってきます。修理をしたくても、部品がなければできなくなってしまうでしょう。製品にもよりますが、汎用品でなければ、生産から10年もたつと、生産が終わってしまうこともあります。この場合には、交換を考えておくことが必要になるでしょう。
他にも、パッキンの劣化やナットのゆるみも水漏れに大きな影響を与えます。水漏れしないように作られている部品ですが、緩めば必ず漏れてくると思わなければいけません。簡単に交換できるものもありますので、接続部分から漏れてきていることがわかるのであれば交換を考えてみるべきでしょう。

■まずは確認から
もっと深刻なものになると、水道管や配管の破損、内部でつまっているといったことも原因になってきます。これらの問題はどこに原因があるかを見つけるのが困難です。修理を専門家に依頼するほうが確実でしょう。
水漏れが心配になったときに、本当に水道が原因かどうかも見分けていかなければいけません。一番単純な方法としては、水道を使っているものをすべてとめます。この時に、水道の元栓にあるメーターが回転しているようであれば、どこかで漏れている可能性があるでしょう。これだけで漏水しているかどうかの判断が付きます。
自分で修理をする場合にも、まずは元栓を止めてからスタートしなければいけません。水道には圧力がかかっており、うかつに部品を緩めたりすると、大きな事故になってしまうことがあります。危険性も高いので、必ず元栓を閉めてからおこないましょう。業者に依頼する場合にも、先に締めておけば余計な水道代もかかりません。

■緩みが出ている

単純な対処方法として、ゆるみがあるかどうか接続部分を見る方法があります。わずかなスキまでも水はまわってきますので、接続部品が緩んでいるだけでも水漏れを起こしてしまうからです。ゆるみがあれば、締め直すだけで直ることも多くあります。特に地震の後には起きる可能性が高くなります。
圧力が強すぎて漏れてくるケースもあります。止水栓の調節でカバーできることもありますが、調節が難しいこともあり、専門の業者に依頼するほうが安全です。

■まとめ
水が漏れるだけで深刻な被害が出ることも出てきます。修理をするといっても簡単ではないことも珍しくありません。まずは止水栓を閉めて、そこから判断を考えていくべきです。放置しておくと、水道代だけではなく、大きな被害を発生させることも出てきます。簡単な交換でも、わずかな隙間から漏れてくることも出てくるため、専門業者に依頼するのが安全です。給湯器 修理や水道管など水漏れを起こしている箇所によっても対処方法が異なるため、参考にしながら対処方法を考えてみるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース